10.13. コマンドラインインタフェース (CLI)

コマンドラインインタフェース(CLI)を使用すると、上級ユーザはグラフィカルインタフェースではなく、コマンドラインまたはターミナルを介してMaharaとやりとりできます。これにより、特定のアクションを高速化したり、実行を簡単にできます。

10.13.1. 言語パックのインストールと更新

一般的にあなたが言語パックを更新したい場合、手動で言語パック全体をダウンロードした後、適切なフォルダに入れる必要があります。特にあなたがマイナーアップデート時に言語パックを更新したい場合に煩雑な作業となります。

CLIを使うことによって、あなたはプロセスを時間短縮できます。

言語コードをリストすることによる Maharaのあなたのインスタンスのための 言語パックのインストールまたはアップデート

例(de = ドイツ語、fr = フランス語)

sudo -u www-data php admin/cli/sync_langpacks.php -l=de,fr

それらがdatarootの langpacks_backup ディレクトリに存在する場合、これは既存の言語のバックアップをします。

注釈

使用される言語コードは、Mahara言語パック のために使われた公式な国際的なものです。

バックアップを行わない: -b=false フラグを追加する

例:

sudo -u www-data php admin/cli/sync_langpacks.php -l=de,fr -b=false

バックアップをリストアする: -r=true フラグを使用する

例:

sudo -u www-data php admin/cli/sync_langpacks.php -l=de,fr -r=true

これはMahara自体内で設定されている英語のアップデートを無視します。