10.9. スマートエビデンス

管理 → 拡張 → スマートエビデンス

注釈

スマートエビデンス 管理エリアはサイト管理者だけがアクセス可能です。

スマートエビデンスの実装は 実験的 です。そこで意図されているように機能の大多数が動作する間、解決される必要がまだある少しのエリアがあります。例えば、HTMLとLeap2Aの両方にスマートエビデンスマップのエクスポート。

スマートエビデンスは、Maharaでコンピテンシーフレームワークを取り扱い、すでに獲得されていた、進行中で、まだ開始されていないコンピテンシーの視覚化のために、それらをエビデンスマップと自動的に関連付けることを可能にします。

「コンピテンシー」 はここで広い意味で使われます。スマートエビデンスは、コンピテンシーベースのアセスメント、大卒者特性、スキル成果、および他多数を含む複数の目的のために使うことができます。それはまた、自己評価目的のために使うことができます。

注釈

アノテーション ブロック型は、スマートエビデンスを使うために、サイトで有効でなければなりません。

10.9.1. 概要

Overview of the installed SmartEvidence frameworks

インストールされたスマートエビデンスフレームワークの概要

  1. 新しいスマートエビデンスフレームワークをアップロードするために、フレームワークを追加する ボタンをクリックします。

  2. 名称: フレームワークの名前を表示します。

  3. コレクションで使用済み: フレームワークが何回使われたかを表示します。

  4. 自己評価: フレームワークが自己評価を許すかどうかを示します。

  5. アクティブ 緑色のチェックマーク はサイト上のユーザがフレームワークをいつ使用できるかを示します。

  6. フレームワークを削除したい場合、削除 ボタン をクリックします。使用していないフレームワークを削除することができるだけです。

    注釈

    Maharaには、テストを容易にするために事前にインストールされた三つのコンピテンシーフレームワーク(【訳注】Career Readiness, Standards for the teaching profession, Ngā paerewa mō te umanga whakaakoranga(マオリ語))が付属しています。ユーザがそれらを使用するのを望まない場合、削除することができます。

  7. new in Mahara 18.04 フレームワークの設定を変更するには 管理 ボタン をクリックします。

10.9.2. new in Mahara 18.04 スマートエビデンスフレームワーク設定

スマートエビデンスフレームワーク設定では、フレームワークがアクティブであるかどうか、およびどの評価ステータスを表示するかを決定できます。

Settings for a SmartEvidence framework

スマートエビデンスフレームワークの設定

  1. フレームワークの設定を変更するには 管理 ボタン をクリックします。

  2. アクティブなフレームワーク:人々がフレームワークを使用できるようにするには、 「Yes」 に切り替えます。フレームワークが非アクティブであるにもかかわらず、すでに開始している場合は、継続して終了することができます。 まだフレームワークを選択していない人は、それを見ることができません。

    注釈

    フレームワークを非アクティブに切り替えることは、新しいバージョンのフレームワークが発行され、古いフレームワークでまだ開始していない人が新しいフレームワークを使用する場合に便利です。

  3. 評価の準備ができている(Ready for assessment):スマートエビデンスマトリックスに 「評価の準備ができている」 ステータスに追加されたページ数を表示するかどうかを決定します。

  4. 標準を満たしていない(Doesn’t meet the standard):概観のすべての 「標準を満たしていない」 の要約を表示する場合は、 「Yes」 に切り替えます。

  5. 部分的に標準を満たしている(Partially meets the standard):概観ですべての 「部分的に標準を満たしている」 評価の要約を表示する場合は、 「Yes」 に切り替えます。

  6. 標準を満たしている(Meets the standard):このスイッチは変更できません。すべての達成標準の要約が常に表示されます。

  7. 保存 ボタンをクリックして変更を保存するか、 キャンセル をクリックして変更を元に戻します。

注釈

評価ステータスが異なる言語を使用している場合は、選択肢に反映されます。

Filled-in SmartEvidence matrix showing all status summaries

すべてのステータスサマリを示す記入済のスマートエビデンスマトリックス

10.9.3. フレームワークファイルをダウンロードします

スマートエビデンスフレームワークを使い始めるのが最も簡単なのは、既存のもの をダウンロードすることです。その後、いくらでも変更を加えることができます。

注釈

コミュニティと共有したい独自のスマートエビデンスフレームワークファイルを作成した場合は、レビューとダウンロード可能なものに含めるために、それらを私たちに送ってください

10.9.4. フレームワークファイルを作成します

任意のテキストエディタを使用して、スマートエビデンスフレームワークファイルを作成および編集できます。JSONファイルのsyntaxhighlightingをサポートするエディタがある場合、Maharaがファイルをより簡単に解釈するために必要なプロンプトから変更できるテキストを区別できるので、利点があります。

JSONエディタ、例えば、JSON Editorオンライン または JSONedit を使用することもできます。これらは、必要なJSON構文をほとんど使わずにファイルを表示できるため、ファイルを簡単に編集できます。

注釈

サンプル のうちの一つを利用して、そのとき構造を知り、ファイルにすべての関連した要素を持っているので、フレームワークファイルを始めるのが最もよいです。

10.9.4.1. ファイルの開始

フレームワークファイルは、フレームワークをニーズにカスタマイズすることを可能にする最初に、多くのパラメータを含んでいます。

The start of a matrix file

マトリクスファイルの開始

  1. institution: そこでフレームワークが使われるべきインスティテューションの省略名(shortname)が、ここに入力されます。フレームワークがすべてのインスティテューションに向いている場合、all がここに置かれます。

    注釈

    インスティテューションの省略名は、インスティテューション概要ページ でインスティテューション名に移動して、URLの最後を見ることによって見えます。最後のパラメータはインスティテューション省略名です。

  2. name: ユーザに示されるべきフレームワークのタイトルです。

  3. description: フレームワークの説明(description)は、コレクションのスマートエビデンスページに表示されます。それは基本的なHTMLコードを含むことができます。

  4. 説明フィールドのHTMLコードが引用符の使用を必要とする場合、これらはエスケープされる必要があります。そうでなければ、それらはコマンドと解釈されます。エスケープは、バックスラッシュを引用符の前に正しく置くことによって容易に行われます: \"

  5. selfassess: ユーザが彼らのコンピテンシーを自己評価(selfassess)できるか、またはコンピテンシーが他の誰かにより評価できるだけであるかを決定します。次の二つの値が許されます:

    • true: ユーザは自己評価できます。

    • false: ユーザは自己評価を遂行できません。

  6. evidencestatuses: 現在、エビデンスマップにおいて使うことができる四つのエビデンスステータス(evidencestatuses)があります: 「評価準備完了」(begun)、 「標準に合致しない」(incomplete)、 「一部標準に合致する」(partialcomplete)、および「標準に合致する」(completed)。あなたはあなたが設定するフレームワークのこれらのステータスのためにどんなワードが使われるかを決めることができます。これは例えばあなたがフレームワークを異なる言語で容易に設定することを可能にします。

  7. standards: 文書の残りは標準(standards)とサブ標準(standard elements)を保持します。

注釈

マトリクスファイルを変更するときに注意し、任意のコンマ、引用符、ブラケット、波(中)カッコ、または、あなたが使うセクションの何か他のマークを削除しないことを確認します。それらはファイルの正しい解釈のために必要です。

例えば、ファイルに必要な構文すべてが含まれているか JSON Formatter and Validator で確認できます。問題点がありJSONがファイルを解釈できない場合、バリデータがエラー箇所を示すため、簡単に問題箇所を探して修正できます。

10.9.4.2. 標準セクション

初期の情報の後に、standards を定義することができます。それらはスマートエビデンス概要ページの見出しレベルを提供します。

The standards in a matrix file

マトリクスファイルの標準

  1. standards: このセクションの紹介です。望んでいるのと同数の標準(standards)を定義することができます。制限はありません。

  2. shortname: 個々の標準は省略名(standard)、例えば完全なタイトルの番号または要約を必要とします。省略名は必須で、最大100文字の長さです。

  3. name: 標準(standard)のタイトルです。それは必須で、最大255文字の長さです。

  4. description: 説明(description)は省略可能で、標準(standard)のタイトル(name)上に移動するとき表示されます(モバイルでタッチクリック)。

  5. standardid: それらが正しい順序で置かれ、標準(standard)の要素から戻って参照されるように、個々の標準に自然数を与えます。

  6. コンマを最後の標準(standard)の閉じ波(中)カッコの後に置いてはいけません。

10.9.4.3. 標準要素(サブ標準)セクション

標準(standard)の後に、すべての 標準要素(standard elements)、すなわち個々のサブ標準を定義します。それらはエビデンスを追加できるものです。

注釈

マッピングが正しく起こるように、すべてのサブレベルをより高いレベルのサブ標準のすぐ後に置きます。

The standard elements in a matrix file

マトリクスファイルの標準要素(サブ標準)

  1. standardelements: このセクションの紹介です。いくつの標準要素(サブ標準)を定義することができるかの制限はありません。

  2. shortname: 省略名(shortname)は、スマートエビデンス概要ページに表示されます。それは必須で、最大100文字の長さです。

  3. name: 標準要素のタイトルです。それは必須で、最大255文字の長さです。

  4. description: 説明(description)は省略可能で、標準(standard)のタイトル(name)上に移動するとき表示されます(モバイルでタッチクリック)。

  5. standardid: 特定の標準要素(サブ標準)を関連付けたい標準(standard)のIDを提供します。

  6. elementid: 別のサブレベルを持っているとき、それを参照できるように、標準要素(サブ標準)にIDを与えます。IDは引用符の間に置かれる必要があります。

  7. parentelementid: 設定する標準要素(サブ標準)が、より低いレベルにある場合、親の標準要素(サブ標準)のelementidを提供します。IDは引用符の間に置かれる必要があります。

    注釈

    標準要素(サブ標準)が下のレベルを持っているとき、それはエビデンス自身、下のレベルの標準要素とだけ関連付けることができません。

10.9.4.4. ファイルの終わり

すべての標準(standard)およびサブ標準(standard elements)を定義したとき、ファイルを終了することができます。

The end of a matrix file

マトリクスファイルの終わり

  1. コンマを最後の標準要素の最後の波カッコの後に置いてはいけません。

  2. すべてのアングルブラケット(山カッコ)および波カッコを確実に閉じます。

10.9.4.5. 結果

いったんあなたがファイルを完了したら、あなたはMaharaに それをアップロードする ことができ、それを使用し始めることができます。

The finished result once uploaded

アップロードされた完了した結果

  1. フレームワークのタイトル。

  2. フレームワークの説明。

  3. 標準。それはその下位レベルだけに関連したエビデンスを持つことができません。

  4. 標準要素。

  5. さらに下位レベルの要素を持つ標準要素。それはその下位レベルだけに関連したエビデンスを持つことができません。

  6. 要素の3番目のレベル。

    注釈

    コンピテンシーフレームワークに4以上のレベルを持つことができます。読みやすさはレベルが多くなると減少します。

10.9.5. フレームワークを追加する

あなたは、フレームワークを追加する ボタンをクリックして、スマートエビデンスフレームワークをアップロードできます。

Upload a .matrix file that contains a competency framework

コンピテンシーフレームワークを含む .matrix ファイルをアップロードする

  1. 使用したいフレームワークを含んでいる matrix ファイルを選択するために、閲覧 ボタンをクリックします。

  2. ファイルをアップロードするために 保存 ボタンをクリックします。

10.9.6. フレームワークを取り扱う

参考

どのようにスマートエビデンスフレームワークを使用するかについての詳細情報を ポートフォリオセクション で見つけることができます。