1. Mahara 19.10で何が新しいか?

Maharaはバージョンからバージョンに改善されています。このページで、あなたは Mahara の最新のリリースのための ハイライト を見ます。

Launchpadすべての新機能のリスト で確認できます。または new in Mahara 19.10 「Mahara 19.10の新機能」 インデックスエントリ <genindex.html#N> を使用してユーザ中心の機能を確認してください。

1.1. プレースフォルダブロック

ページを作成するとき、最初からブロックタイプを決定する必要はありませんが、代わりに プレースフォルダブロック をページに配置できます。これは、ページの構造を作成し、学習者が個々のセクションに配置するコンテンツのタイプを決定できるようにするため、テンプレートを使用するユーザにとって大きな改善です。

Put a placeholder block onto a page

プレースホルダブロックをページに配置する

1.2. プレースホルダブロックの管理者インタフェース

サイト管理者は、プラグイン管理で ブロックタイプを再配置 <placeholder_admin> して、より迅速にアクセスできるブロックをプルアップできます。これにより、特定のブロックタイプを強調表示できます。

Site administrator can re-arrange the blocks

サイト管理者はブロックを再配置できる

1.3. より柔軟なレイアウト

ページにブロックがある場合、そのサイズを即座に変更 できます。矢印ハンドルをつかんでサイズを変更します。また、ページ内でそれを移動し、他のブロックをそれに合わせて即座に変更を確認することもできます。

キーボードだけで変更を行うためのアクセス可能なオプションが利用可能です。

Change the layout directly from the edit screen

編集画面から直接レイアウトを変更する

1.4. ページを離れずにコンテンツにコメントする

学習エビデンスにコメントしたいとき、それが画像であるかリンクされている場合、エビデンス自体をクリックする とそのエビデンスに関する詳細が表示され、ポートフォリオ作成者がコメントを有効にしている場合は、コメントすることができます。各アーティファクトの下に 「コメントを追加」 リンクと 「詳細」 リンクはありません。

Click an image or a linked artefact to see its details

画像またはリンクされたアーティファクトをクリックして、その詳細を表示する

1.5. 詳細モード

いくつかのアーティファクトは、コメントのために簡単にアクセスできません。これらの場合、ボタンバーの:ref:」詳細」 ボタン <details_mode> をクリックして詳細モードに入り、利用可能な情報があるブロックまたはエビデンスの個々の部分が強調表示されます。その後、コメントと詳細バーをクリックしてメタデータを表示し、コメントを残すことができます。

Click the "Details" button to enter the details mode

「詳細」 ボタンをクリックして詳細モードに入る

1.6. ページヘッダの背景を追加する

サイトで スキン の使用が許可されている場合、ページのヘッダ領域の背景を変更できます。背景色を選択し、テキストの色が一致し、読みやすいことを確認します。そのスキンが適用されたページを表示すると、すぐに変更が表示されます。その後、同じヘッダを持つ他のページにそのスキンを適用できます。

Change the colour of the page header area

ページヘッダ領域の色を変更する

背景画像をヘッダ領域にアップロードすることもできます。最良の結果を得るには、サイジングの指示に従ってください。また、いくつかのバリエーションを試して、どれが最適かを確認する必要があります。

Change the background of the page header area

ページヘッダ領域の背景を変更する

スキンでテーマフォントを使用することもできます。

1.7. 提出プラン

テンプレートとして機能し、提出目的に使用できるプランを個人用ポートフォリオエリアに作成することができます。テンプレートプランを作成するときに、グループにコピーできます。関連するタスクページとテンプレートポートフォリオが一緒にコピーされます。

学習者は完了したいタスクを選択できます。関連するポートフォリオはすべて自動的にアカウントにコピーされ、使用できる状態になります。

Assignment plans

提出プラン

1.8. 提出および提出レポートに関する通知

Maharaグループにポートフォリオを送信すると、通知が通知されます。ポートフォリオを提出した証拠として、その通知を保持できます。

インスティテューションまたはサイト管理者は、グループへの提出についてレポートを実行し、提出ステータスの概要をすばやく取得できます。

Report of submitted portfolios

提出されたポートフォリオのレポート

1.9. .m4aおよび.wavメディアファイルの埋め込みのサポート

ネイティブ形式が.mp4およびmp3でない場合は、 「埋め込みメディア」 ブロックを介して.m4aビデオおよび.wavオーディオファイルを埋め込み、モバイルデバイスに記録されたビデオおよびオーディオを使用できます。

1.10. LTIを介して行われたポートフォリオ提出を取り消す

LTI経由で課題の提出を許可するポートフォリオをLMSに提出し、ポートフォリオを変更したい、または変更する必要がある場合、教師がまだポートフォリオを採点していない場合は、提出 を取り消すことができます 。

Revoke the submission of a portfolio

ポートフォリオの提出を取り消す

1.11. 管理エリアのグループカテゴリフィルタ

グループカテゴリフィルタは、グループの管理エリア で利用でき、大規模なサイトでグループを見つけやすくします。

Group category filter

グループカテゴリフィルタ

1.12. Maharaバージョンの詳細情報

インストールされたバージョンのMaharaがまだサポートされているかどうか、およびサポートされている場合は、利用可能な新しいセキュリティアップデートがあるかどうかに関する詳細情報が管理エリアで利用可能です。正しい情報を表示するには、cronを実行する必要があります。

Information on the installed Mahara version

インストールされたMaharaバージョンに関する情報

1.13. プラグインの通知フック

他のシステムと統合し、他のシステムのMahara通知を人々に知らせたい場合、例えば LMSでは、 通知API を使用してこれを行うことができます。

1.14. スタッフまたは管理者のアクセス許可を自動的に割り当てる

外部認証方法にその情報が含まれている場合に、個人に スタッフと管理者の許可を自動的に割り当てる ことができる機能が利用可能です。

1.15. データベーストリガーの削除

データベーストリガー は削除されました。これにより、Maharaをクラウドインフラストラクチャで使用しやすくなります。