2. イントロダクション

Maharaユーザマニュアルへようこそ。このユーザマニュアルは、Maharaを日常的に使用する人のためのドキュメントを提供するように設計されています。Maharaの機能を網羅して、画面上に表示される情報を提供します。

難しい話は抜きにして始めてみましょう!

2.1. Maharaとは?

Maharaまたはeポートフォリオが何であるか、なぜあなたがそれを望んでいるかもしれないか、そしてそれがあなたのために何ができるのかを知りたい場合、それを読んでください。もうすぐ明らかになります。

最も簡単なレベルでは、Maharaは二つのものです: eポートフォリオソーシアルネットワーキング の結合システム。eポートフォリオは学生が 「生涯学習のエビデンス」(エッセイ、アートワーク、またはデジタルに保存することができる学生たちが生産する他のそのような物)を記録できるシステムです。そのようなものはMaharaでは アーティファクト として知られています。ソーシアルネットワーキングシステムは少し導入を必要とします。– BeboFacebook あるいは MySpace (昔に返る)を考えてください。基本的に、それらは、人々が彼らのフレンドと対話し、彼ら自身のオンラインコミュニティを作成するための方法を与えます。

しかし、Maharaにはファイルを保存する場所として以外に多くのものがあります。Maharaはブログ、 レジュメビルダ、および他のプラットフォームと統合するためのウェブサービスも含んでいます。

注釈

ここに ドミ・シンクレア(Domi Sinclair)、以前は ロンドン大学 による短いビデオがあります。彼女はMahara(UCLで 「マイポートフォリオ」 と呼ばれる)が何であるかおよびそれが何のために使うことができるかを説明しています。

2.2. メタファを使用する

新しい概念を説明するのに、しばしばメタファを使用することが役立ちます。ポートフォリオには多くのメタファが使われています。 ここでは、ポートフォリオを学習者に説明する方法を紹介する二つの例を示します。

注釈

ケイト・コールマン(Kate Coleman)は、彼女の博士論文 PhD thesis でポートフォリオワークにメタファを使用するという考えを探求しています。

これらのメタファを使用しますか? あなたはあなた自身のメタファを持っていますか?

2.2.2. パフォーマンス

The performance metaphor

パフォーマンスメタファ

注釈

このメタファはヘイゼル・オーウェン(Hazel Owen) によって彼女の ウェブサイト に紹介されました。彼女は 2018年1月のMahara Newsletter でアイデアを発表しました。

このメタファの重要な側面は人間の要素であり、その活動は地域社会で起こり、単なる物ではありません。パフォーマンスのメタファでは、準備から最終パフォーマンスまでのすべてのことを人々が相互にやり取りし、互いに学び合うことがわかります。

バックステージ エリアでは、プロジェクトについて議論し、概念化し、変更し、最終化します。チームはしばしばこれらのプロセスに参加してフィードバックを与え、初心者や経験豊富なスタッフから学ぶために新入社員/実習生を招待します。

ディレクタによっては、一つの劇場でのパフォーマンスは、パフォーマンスが様々な方法で 解釈され たり、古典的な形で保存されたり、近代化されたり、完全に想像されたりするため、他のパフォーマンスとは大きく異なる場合があります。それは、彼らの解釈と今後の進め方を決めるのは会社の責任です。これには、パフォーマンス中に使用される言語、気分、背景、および小道具の変更が含まれます。

バックステージは承認されたスタッフのグループに アクセス可能な だけです。部外者はこのスペースに招待されるにはパスが必要です。

リハーサル は、パフォーマーが芸術を練習したり、先生や同僚からのフィードバックを受け取る時間を与えるように、パフォーマンスの準備をする際に基本的な役割を果たします。彼らは、観客がアクセスできない安全な空間で練習することができます。そのため、全体的ではなくパフォーマンスの小さな抽出物に基づいて早すぎるコメントを恐れる必要はありません。

パフォーマンスが示される準備が整ったと見なされると、ドレスリハーサル は、フィードバックのために選択されたグループを招待し、ショーがライブになる前に最終的な調整を行う機会を与える予定です。

様々な観客を集めている建物内では、 様々なパフォーマンス が行われます。異なる観客がイベントに連れて来られて、違った目で見ることができます。

いくつかのパフォーマンスは 入場料 を必要とするかもしれませんが、他のパフォーマンスは無料です。また、座って見るだけではなく、パフォーマンスそのものにもっと深く関わってもらう人々もいます。

Mahara ではこれは次のように翻訳されます:

  • Backstage: Artefact upload and creation and portfolio setup space before the learning evidence is shared with a wider group; portfolios can be created by individuals or in groups collaboratively.
  • 解釈:各ポートフォリオ作成者の学習エビデンスや振り返りなどをどのように表示するかを個人的にカスタマイズすること。
  • リハーサル:フィードバックのために教師や同僚に与えられたアクセス。1回限りではなく反復的であり、ポートフォリオ作成者の成長を支援します
  • 異なるパフォーマンス:異なる目的を果たし、接続されていてもいなくてもよい様々なポートフォリオを設定できること
  • 入場料:誰がどのポートフォリオを見ることができるかを管理するアクセス許可

2.3. Maharaフレームワーク

Maharaに関して、あなた は他のユーザがあなたのポートフォリオ内のどのアイテムおよびどんな情報を見るかコントロールします。そのようなアイテムと情報は、アーティファクトと呼ばれます。このアクセスコントロールを容易にするように、あなたが他のユーザに示したいすべてのアーティファクトが、一つのエリアに配置される必要があります。Maharaではこの選択されたアーティファクトの集大成は 『ページ』 と呼ばれます。あなたは、それぞれアーティファクト、意図されている目的、および聴衆の異なる数を持つ、あなたが望むだけページを持つことができます。あなたがあなたのページへのアクセスを与えたいあなたの聴衆、または人々は、個人またはグループのメンバーとして追加できます。それはパブリックにすることさえできます。

例えばあなたは次を作成できます:

  • 休日の写真および個人日誌を含むあなたのフレンドおよび家族のページ
  • あなたのチュータの評価およびあなたの内省的学習日誌を含むページ
  • 将来の雇用者のために仕事およびあなたのレジュメのあなたの最高の断片を展示するページ

単一のページまたはページの コレクション は、あなたのポートフォリオを作ることができます。アーティファクトがページに置かれない限り、それらはあなた以外の誰にも見えません。あなたはあなたがアップロードしたファイルまたはあなたが望むだけのページに書いた日誌エントリを使用することができます。あなたにはあなたのアーティファクトの一つのコピーが必要であるだけです。

あなたが靴箱にすべてのあなたのアーティファクトを収集したと想像してください。あなたが新しいアーティファクトを持つときはいつでも、あなたはそれを靴箱に追加します。あなたがあなたのポートフォリオを作成する用意ができているとき、あなたはあなたの靴箱にアーティファクトを見て、あなたはポートフォリオページで利用可能にしたいアーティファクトを選びます。あなたはあなたの望みにそのページのアーティファクトを配置できます。

artefact box

Maharaと連携するポートフォリオ

実例アーティファクト、ページ、およびグループの下の図は、異なる文脈においておよび異なる聴衆のために、どのようにMaharaのコンテンツが共有されて、再利用できるかを説明します。

Mahara framework

Maharaフレームワーク

2.4. Maharaはどのようにeラーニングランドスケープに適合するか?

あなたが、eラーニングの正式で、構造化された側面としてMoodle、Sakai、Blackboardなどの LMS について考える場合、Maharaは社会的で、反省的な側面です。LMSとeポートフィリオは、オンラインの学習環境においてお互いに補完します。

特に、MaharaのAPIがすべてのために開いている間、Maharaは合理化されたユーザ経験を提供するために、自然にMoodleと統合できます。これはMNet経由のSSOに限定されません。学生はもちろんそのときページに置くことができるアーティファクトとして使うために、課題、ブログ、およびずっともっとまっすぐなものを、Maharaにエクスポートすることができます。

2.5. 私に必要な機能をMaharaがサポートしていない場合は?

Maharaは、オープンでプラグイン可能なシステムに設計されています。新しいアーティファクトを作成し、カスタムシステムに対して認証するなど、適切なコアAPIを使用するプラグインを作成するだけで簡単に実装できます。これが意味することは、あなたのニーズに合うようにMaharaについてのほとんどのものを自由にカスタマイズできることです。必要な場合はMahara Partnersのネットワークを通じて 有料のサポートが利用できます

2.6. 他にやること

あなたはMaharaに関する基本概念を知ることができました。あなたは次のことができます:

2.7. どこでMaharaの使い方のアイデアを得ることができますか?

Maharaニューズレター は、個人と組織およびMaharaのそれらの使用を特徴とします。あなたはそれに申し込むか、またはそれをオンラインで読むことができます。それは1年あたり4回出版されて、あなたはその上、あなたのアイデアを貢献できます。

Maharaについてパブリックされている 書籍論文 のリストや、カンファレンスのプレゼンテーション でユーザが話していることを確認することができます。

2.8. ヘルプを取得する

  • コンテキストヘルプは、ヘルプ アイコン を介してMahara全体で利用可能です。それをクリックすると、実行しようとしているアクションの詳細が表示されます。
  • あなたは フォーラム で質問することもできます。

2.9. Maharaおよびアクセシビリティ

Maharaは、障害者や特別なニーズを持つ人を含め、できるだけ多くの個人が使用できるようにすることを目指しています。アクセシブルなウェブコンテンツを作成することは、多くの国で必要とされています。国際的なガイドラインを提供するために、WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)が作成されました。WCAG 2.0 には、ガイドラインの最新版であるA、AA、AAAの三つの準拠レベルがあります。各レベルは以前のレベルに準拠する必要があり、ウェブサイトへのアクセスを可能にするための固有のガイドラインが含まれています。

バージョン1.9では、Maharaは、システムのユーザ側のエリアに対してレベルAAに達しました。Maharaの管理は、主にレベルAAでも行われます。私たちは、レベルAAを維持して、皆さんにサイトの良好なナビゲーションを提供し続けるよう努めています。

Maharaプロジェクトは、ナビゲーションと全体的なプラットフォームのアクセシビリティだけを制御できます。コンテンツをアップロードまたは作成する人は、コンテンツにアクセスしやすくする責任があります。

アクセシビリティ上の問題が発生した場合は、バグトラッカーにレポートを提出し 、 「アクセシビリティ」 項目にタグを付けます。

スクリーンリーダーユーザの場合は、次のアクセスキーを使用してMaharaのメインメニュー項目をナビゲートできます:

標準ユーザインタフェース:

  • d: ダッシュボード
  • c: コンテンツ
  • p: ポートフォリオ
  • g: グループ
  • a: 管理

管理者インタフェース:

  • a: 管理ホーム
  • c: サイト設定
  • u: ユーザ
  • g: グループ
  • i: インスティテューション
  • e: 拡張機能

2.10. 私はMaharaのどのバージョンを持っているか?

あなたが管理エリアにアクセスできない場合、あなたが使用するMaharaのバージョンはすぐにはわかりません。Maharaのバージョンを知っていることは二つのの利点を持っています:

  1. 正しいユーザマニュアルを参照していることを確認できます。
  2. あなたはあなたがMaharaの現在サポートされているバージョンにいるか、またはより古いバージョンにいるかを見い出すことができます。
  3. あなたがMaharaの古いバージョンを使用している場合、新しい機能についてユーザマニュアルをチェックできます。
  4. あなたが バグを報告する とき、あなたはあなたが問題に気づいたMaharaのバージョンを特定するようにしばしば依頼されます。

あなたはサイトのHTMLソースを見ることで、あなたが使用するMaharaのバージョンを容易に見つけ出すことができます。それは思ったほど怖いことではありません。

HTML source with the Mahara version number

HTMLソースはMahara番号を明らかにする

FirefoxおよびChrome / Chromium:

  1. あなたのブラウザで、あなたのMaharaページのどこででも右マウスをクリックします。
  2. オプション 「ページのソースを表示」 を選択します
  3. メタタグ 「generator」 を探します。

Safari:

  1. 「開発メニュー」 を表示します: Safari → プリファレンス → 詳細 → 「メニューバーに 開発メニューを表示」 を選択
  2. あなたのMaharaページのどこででも右マウスをクリックします。
  3. 「ページソースを表示する」 オプションを選択します。
  4. メタタグ 「generator」 を探します。

注釈

セキュリティ目的のためにMaharaのメジャーバージョン番号だけが表示されます。マイナーバージョン番号は 管理メニュー → 管理ホーム で管理者に見えるだけです。私たちはあなたのインスタンスが既知のセキュリティ問題に対して脆弱ではないことを保証するために、あなたがセキュリティアップデートでMaharaを最新にしておくように勧めます。