1. Mahara 19.04で何が新しいか?

Mahara はバージョンからバージョンに改善されています。このページで、あなたは Mahara の最新のリリースのための ハイライト を見ます。

Launchpadのすべての新機能のリスト を見るか、索引項目 「Mahara 19.04の新機能」 でユーザ重視の機能をチェックすることができます。

1.1. ページヘッダの更新

ページの表示モード の時に全幅ページヘッダを可能にするためにページヘッダエリアが改良されました。これは ページの見栄えをよくするためのさらなる変更 に向けた最初のステップです。

ボタンはページの右側に固定されており、簡単にアクセスできるようにページをスクロールしても同じ位置に残ります。

Header area of a portfolio page with new buttons on the side

サイドに新しいボタンがあるポートフォリオページのヘッダエリア

プロファイルページには、誰がそのページを表示しているかに応じて、そのページに対して実行できる様々な操作のためのボタンがいくつか表示されます。

Header area of a profile page with new buttons on the side

サイドに新しいボタンがあるプロファイルページのヘッダエリア

1.2. スマートエビデンスエディタ

サイト管理者としてMaharaでスマートエビデンスフレームワークを直接作成、編集、コピーできます。スマートエビデンスエディタ はそれを可能にします。既存のフレームワークファイルをアップロードすることはできますが、フレームワークの詳細をフォームに入力するビジュアルエディタを利用することもできます。

Fill in a form to set up a SmartEvidence framework

スマートエビデンスフレームワークを設定するためのフォームに記入する

1.4. Bootstrap 4にアップグレードする

Mahara 19.04は、このレスポンシブフレームワークで利用可能な変更と新機能を利用してテーマを決定するためにBootstrap 4を使用しています。

既存のテーマをBootstrap 4に変更するのに役立つ テーマアップグレードガイド を作成しました。

1.5. フォーラムの機能強化

特に大規模なグループやグループがより正式な学習環境で使用されている場合に、グループ管理者が購読や投稿をより細かく制御できるようにする追加機能を提供するために、グループ内の ディスカッションフォーラム が拡張されました:

  • フォーラム投稿に添付ファイルを含めることができます。

  • フォーラム投稿は承認のためにモデレーションキューに入れられてから、すべての購読者に送信されます。

  • スタッフと管理者は、グループメンバーが購読を解除できないようにフォーラムを設定できます。

1.6. 「人」 と 「グループ」 の統合

「マイフレンド」 と 「人を探す」 のナビゲーションエリアは、」人」 に、そして 「マイグループ」 と 「グループを探す」 は 「グループ」 にマージされました。

New menu items in the main menu

メインメニューの新しいメニュー項目

これにより、検索対象を事前に選択しなくても、関連する人やグループを簡単に検索して見つけることができます。

Merged "Find groups" and "My groups"

マージされた 「グループを探す」 と 「マイグループ」

1.7. 隔離されたインスティテューション

マルチテナントサイトは 隔離されたインスティテューション で設定することができ、それでも同じMaharaサイトを使用しながら、インスティテューション間のよりよい分離を可能にします。これは、プライバシーが異なるインスティテューションの人々が互いに連絡を取ったりポートフォリオを共有したりできないようにすることが要求される場合に有益です。

1.8. 公開バッジのBadgrをサポート

Badgr にアカウントをお持ちの場合は、そのアカウントのパブリックコレクションからの未使用のバッジをMaharaに表示できます。それを機能させるには、Badgrへの接続 を設定する必要があります。

Linking Badgr to Mahara

BadgrをMaharaにリンクする

1.9. コレクション内のすべてのページにナビゲーションブロックを追加する

コレクション内のページに 「ナビゲーション」 ブロック を追加すると、そのコレクション内の他のすべての既存ページにブロックを自動的に追加できます。

Add the "Navigation" block to all collection pages

「ナビゲーション」 ブロックをすべてのコレクションページに追加する

1.10. グループファイルをアップロードした人を表示

ファイルをグループにアップロードすると、そのグループがファイルのオーナになります。これで、グループページからアクセスしたときにファイルの詳細を表示したときだけでなく、グループのファイルエリアに誰がファイルをアップロードしたのかを確認できます。

Show who uploaded a group file

グループファイルをアップロードした人を表示

1.11. SAML証明書ローテーションの改善

シングルサインオンを使用する場合は、SAML証明書のローテーション を準備することができます。古い証明書は期限切れになるまで削除されないか、削除して新しい証明書をIdPで確立できます。

1.12. Behatのその他のバックグラウンドステップ

BehatテストはMaharaで利用可能な標準的な自動化された行動駆動型テストです。テストケースはMaharaの機能を自動的にテストするために書かれています。

長いシナリオを書く必要があるよりもむしろバックグラウンドのステップを通してより早く」コンテンツでページをセットアップすることは今可能です。