10.7. 拡張機能

管理 → 拡張機能

注釈

拡張機能 にはサイト管理者だけアクセスすることができます。

Maharaの拡張機能はシステム内で特定の機能を提供します。拡張機能はどのタイミングでもインストールすること、また非表示にすることもできます。

10.7.1. プラグイン管理

管理 → 拡張機能 → プラグイン管理

*プラグイン管理*には現在あなたのMaharaインスタンスにインストールされているプラグインすべてが一覧表示されます。また、利用可能なプラグイン設定へのリンクが提供されます。

Maharaのプラグインは常にインストールされ、ユーザがURLを知っていればアクセスできます。プラグインの機能を有効または無効にするのではなく、プラグインの横にある 非表示 または 表示 ボタンをクリックすると、プラグインが表示されなくなります。アーティファクトタイプのプラグインを隠すと、Maharaもそれに関連するブロックの表示を停止します。

Warning when a plugin is not yet installed

プラグインがインストールされていない場合の警告

サイトのコードベースにプラグインを追加した場合や、最後に行ったアップグレード以降に新しいプラグインがMaharaに追加された場合は、そのプラグインをインストールする必要があります。まだ完全にインストールされていないプラグインには警告が表示され、そのセクションに 最初に表示されます。インストール リンクをクリックして、インストール処理を開始します。

プラグインを完全に削除するには、プラグインに関連するコードとすべてのデータベーステーブルを削除する必要があります。さらに、いくつかのシステムテーブル(例えば、 「artefact」、 「artefact_config」、 「artefact_cron」 など)から削除する必要があります。一例として、My Learningプラグインをアンインストールする方法についての情報 を表示します。

注釈

コアMaharaの機能は、ユーザが隠すことによって利用できなくなる可能性があります。これは、すでにこの機能を提供している別のシステムにMaharaを接続する場合や、ユーザにその機能を使用させたくない場合に便利です。しかし、機能を隠すことについての決定は、ユーザが持つことができる多くのアーティファクトを彼らが利用できるようにすることができないかもしれないことを意味するので、完全に考慮する必要があります。

以下では、追加設定のあるプラグインだけに関して説明します。

10.7.1.1. blocktype: file/folder

フォルダ ブロックに表示されるファイルのデフォルトの並べ替え順序と、フォルダ ブロックを含むポートフォリオページの閲覧者がフォルダの内容をzipファイルとして一度にダウンロードできるかどうかを決定できます。

Configure the Folder block

フォルダ ブロックを設定する

  1. デフォルト並べ替え順: フォルダ 内のファイル表示のデフォルト並べ替え順をアルファベットの昇順または降順に決定します。

    注釈

    ページ作成者はそれぞれのブロックで並べ替え順を変更することができます。

  2. zipファイルとしてフォルダをダウンロードする: このオプションを 「Yes」 にすると、フォルダ ブロックに表示されているフォルダの内容をzipファイルとしてダウンロードできます。したがって、視聴者(viewer)はすべてのファイルを一度に取得してコンピュータにダウンロードするのは非常に簡単です。

    参考

    サイト管理者は アーティファクトタイプ: ファイル設定 でどのくらいの時間ZIPファイルをサーバ内に保持するか決定します。

10.7.1.3. blocktype: file/internalmedia

ユーザが 埋め込みメディアブロック 内に埋め込むことのできるファイルタイプを設定します。あなたがすでに使用されているファイルタイプを無効にした場合、それ以降表示されなくなります。

Maharaには、Video.js 、多数のメディアファイルを再生できる(Flashフォールバックオプションがありますが)Flashは必要ない メディアプレイヤ が付属しています。他のビデオファイルタイプを有効にすることはできますが、ユーザはコンピュータに適切なソフトウェアをインストールし、それらを再生するブラウザでプラグインを有効にする必要があります。

Configure the Embedded media block

*埋め込みメディア*ブロックを設定する

  1. あなたのユーザのポートフォリオページに表示させたいファイルタイプを有効にします。
  2. あなたの変更を保持するには 保存 ボタンをクリックします。

注釈

Video.jsで再生できないファイルタイプの埋め込みを許可すると、これらのファイルタイプを表示するために必要なソフトウェアがインストールされていないユーザもいます。

ここで、Video.jsで再生できるビデオファイルとオーディオファイルのフォーマットと、それらを表示できるブラウザの概要を示します。Video.jsでサポートされているからといって、すべてのブラウザで再生できるわけではありません。ブラウザは依然として、特定のファイル形式をサポートする必要があります。Maharaがサポートしているブラウザだけが一覧表示されます。

iOSデバイスは、 「High」 プロファイルではなく、MPEG4 「Baseline」 プロファイルだけを認識できるため、MP4ファイルを表示するとは限りません。必要に応じて、Handbrake を使用して、Appleの仕様 を読み、ビデオを変換することができます。新しいiOSデバイス(iPhone 5S以降)は、 「High」 プロファイルビデオを再生する必要があります。

ファイルフォーマット Chrome Android用Chrome Firefox Internet Explorer / Edge Opera Safari (incl. iOS)
new in Mahara 16.10 3GPP メディアファイル            
FLV Flash ムービー(Flash が必要)      
MP3オーディオ
MP4ビデオ (H.264)
MPEGムービー            
OGAオーディオ    
new in Mahara 16.10 OGG Vorbisオーディオファイル    
OGVビデオ      
SWF flashムービー(Flashが必要)            
new in Mahara 16.10 WEBM ビデオファイル    

注釈

任意のコンピュータやAndroid搭載端末からファイルをアップロードすることはできますが、iOSデバイスからオーディオファイルをアップロードすることはできません。.movビデオファイルだけをアップロードできます。これらは、ブラウザプラグインを再生する必要があり、Video.js経由で配信されません。

AVIファイルとWMVファイルは、別のオペレーティングシステムにブラウザプラグインがインストールされていない限り、Windowsを実行しているコンピュータでだけ再生できます。

10.7.1.4. blocktype: text

あなたはインスタンス全体において、ノート ブロックタイプを テキスト ブロックタイプにコンバートすることができます。

Configure text settings

テキスト設定を設定する

  1. Maharaは、変換できるノートの数を計算します。以下の特性を持つノートが変換プロセスに含まれています。次のことに留意してください:
    • 別のブロックで再利用されていない;
    • ライセンスが添付されていない;
    • タグを使用しない;
    • 添付ファイルはない;
    • 受け取ったコメントは一切ない。
  2. すべてのノートをコンバートするには 「ノート」 ブロックをコンバートする オプションを有効にします。
  3. 保存 ボタンをクリックして変換処理を開始します。変換する音符の数に応じて、時間がかかることがあります。

参考

大きなサイトを持っている場合は、ノートのテキストへの変換に非常に時間がかかることがあります。変換 コマンドラインスクリプト を使用すると便利です。

10.7.1.5. blocktype: wall

あなたはこの設定で:ref:`ウォール <wall>`に投稿する文字数を制限することができます。既存の投稿は変更されません。

Configure wall settings

ウォールを設定する

  1. あなたのウォール投稿の最大文字数を選択します。
  2. あなたの変更を保持するには 保存 ボタンをクリックします。

10.7.1.6. artefact: comment: comment

コメントの評価をオンにして、アーティファクトやページのコメントセクションで評価を有効にします。スケールと同様に コメント評価の外観を変更する ことができます。

注釈

評価はそれ自身ではできません。それらには、コメントまたは添付ファイルのいずれかが必要です。

Enable comment ratings

コメント評価を有効にする

  1. コメント評価を有効にする: コメント評価を有効にするには 「Yes」 に切り替えます。

  2. 評価の表示に使用するアイコン ドロップダウンメニューを使用して、評価に使用するアイコンを選択します。次の中から選択できます:

    • スター
    • ハート
    • 親指アップ
    • チェックマーク
  3. 評価の選択肢の数: コメントの評価時にユーザに表示される尺度を選択します。

    注釈

    評価の選択肢の数を変更すると、評価自体は新しい尺度に合わせて再計算されません。

  4. カラー: カラーピッカーを使用して、アイコンの色を選択するか、16進数のカラーコード を入力します。

  5. 生成された例: コメントの評価がどのように表示されるかのプレビューを参照してください。

  6. あなたの変更を保持するには 保存 ボタンをクリックします。

10.7.1.7. artefact: file: file

あなたはファイルのアップロードに関して様々なオプションを設定することができます:

  • デフォルトユーザクオータ
  • デフォルトグループクオータ
  • アップロード同意
  • アップロード時、イメージをリサイズする
  • プロファイル画像サイズ
  • コメント
  • フォルダダウンロード

10.7.1.7.1. デフォルトユーザクオータ

Configure the default user quota

デフォルトユーザクオータを設定する

  1. デフォルトクオータ: あなたは 新しいユーザ が彼らのクォータとして持つことのできるディスク容量を設定することができます。既存のユーザクォータは変更されません。
  2. ユーザクォータを更新する: デフォルトクォータ 値で デフォルトユーザ のファイルクォータを更新する場合は、このオプションを 「Yes」 に切り替えます。その後、更新されます。
  3. サイト全体の最大クォータを強制する: 管理者が許可された最大クォータを超えないようにするには、 「Yes」 に切り替えます。
  4. 最大クオータ: あなたは管理者がユーザに与えることのできる最大クオータを設定することができます。既存のユーザクオータは影響を受けません。
  5. クォータ通知のしきい値: ユーザがファイルのアップロード制限に達する通知を受け取るときの 割合 を設定できます。次に、ファイルを削除してエリアを解放するか、サイトまたはインスティテューションの管理者に連絡してエリアを確保できるかどうかを確認します。
  6. サイト管理者通知: サイト管理者が個々のユーザのクォータ通知メールを受信して​​対応する場合は、 「Yes」 に切り替えます。
  7. インスティテューションのオーバーライド: インスティテューションの管理者がユーザファイルのクォータを設定し、各インスティテューションのデフォルトクォータを持つことを許可する場合は、このオプションを 「Yes」 に切り替えます。
  8. 変更を完了したら、ページの下部にある 保存 ボタンをクリックするか、このページの次のセクションに進みます。

10.7.1.7.2. デフォルトグループクオータ

Configure the default group quota

デフォルトグループクオータを設定する

  1. デフォルトグループクオータ: あなたは それぞれのグループ がクオータとして持つことのできるディスク容量を設定することができます。既存のグループは影響を受けません。
  2. グループクォータの更新: デフォルトクォータ 値で デフォルトグループ のファイルクォータを更新する場合は、 「Yes」 に切り替えます。その後、更新されます。
  3. 変更を完了したら、ページの下部にある 保存 ボタンをクリックするか、このページの次のセクションに進みます。

10.7.1.7.3. アップロード同意

Configure the upload agreement

アップロード同意を設定する

  1. 同意書を必要とする: ユーザがサイトにファイルをアップロードする前に、ユーザを強制的に特定の条件に同意させたい場合、 「Yes」 に切り替えます。ユーザのコンピュータからMaharaにアップロードするファイルを選択できる前に、この同意書を受け入れなければなりません。
  2. デフォルト同意書: これは、同意書を要求する オプションを選択した場合、および独自のカスタム同意書を使用したくない場合に表示されるデフォルト同意書です。
  3. カスタム同意書を使用する: 独自のアップロード同意書を作成する場合は、同意書を要求する に加えてこのオプションを 「Yes」 に切り替えます。
  4. カスタム同意書: あなたがカスタムアップロード同意書を使用したい場合、ここで記述します。
  5. 変更を完了したら、ページの下部にある 保存 ボタンをクリックするか、このページの次のセクションに進みます。

10.7.1.7.4. アップロード時、イメージをリサイズする

Configure the image resizing options

イメージリサイズオプションを設定する

  1. 大きなイメージのサイズを自動的に変更する: このオプションを 「Yes」 に変更すると、最大幅と高さの設定にアップロードされたイメージのサイズが変更されます。
  2. ユーザオプション: アカウント設定 で自動的にイメージのサイズを変更するオプションを表示する場合は、 「Yes」 に切り替えます。
  3. 最大幅: アップロード時にイメージのサイズを変更する最大幅(ピクセル単位)を選択します。
  4. 最大高さ: アップロード時にイメージのサイズを変更する最大高さ(ピクセル単位)を選択します。
  5. 変更を完了したら、ページの下部にある 保存 ボタンをクリックするか、このページの次のセクションに進みます。

10.7.1.7.5. プロファイル画像サイズ

Configure the size of the profile pictures

プロファイル画像のサイズを設定する

  1. : ユーザのプロファイル画像の最大幅(ピクセル単位)を選択します。
  2. 高さ: ユーザのプロファイル画像の最大高さ(ピクセル単位)を選択します。
  3. 変更を完了したら、ページの下部にある 保存 ボタンをクリックするか、このページの次のセクションに進みます。

注釈

プロファイル画像エリアにアップロードされたすべての画像は、大きければこれらのサイズにリサイズされます。

10.7.1.7.6. コメント

Configure the default comment settings for different file types

異なるファイルタイプのデフォルトコメント設定を構成する

  1. すべてのファイルタイプをマークするには、すべてを選択する ボタンをクリックします。
  2. なしを選択する ボタンをクリックして、チェックボックスの選択を解除します。
  3. デフォルトコメントパーミッション: デフォルトでコメントを有効にするアーティファクトタイプを選択します。ユーザは ファイルエリア でこれらの設定を個別にオーバーライドすることができます。あなたが有効にできるコメントは次のとおりです:
    • アーカイブ 例) 圧縮ファイル
    • オーディオファイル
    • ファイル
    • フォルダ
    • イメージ
    • プロファイル画像
    • ビデオファイル
  4. 変更を完了したら、ページの下部にある 保存 ボタンをクリックするか、このページの次のセクションに進みます。

10.7.1.7.7. フォルダダウンロード

Configure the folder download settings

フォルダのダウンロード設定を構成する

  1. zipファイルを保存する時間の長さ: フォルダのダウンロード処理中に作成されるzipファイルをサーバに保存する期間を選択します。デフォルト時間枠は3,600秒(1時間)です。
  2. あなたの変更を終了した場合、保存 ボタンをクリックします。

10.7.1.8. artefact: internal: profile

プロファイル情報に関して、あなたは手動またはCSVファイル経由でユーザアカウントが作成された時にユーザが提供する必要のあるフィールドを決定することができます。これらのフィールドは 必須フィールド としてマークされます。

検索可能フィールド がマークされているプロファイルフィールドはログインユーザが検索することができます。

Choose mandatory and searchable profile fields

必須および検索可能なプロファイルフィールドを選択する

  1. 必須フィールド: あなたがユーザすべてに入力させたいフィールドを選択します。特定のフィールドは選択解除できません。

  2. 検索可能フィールド: 他のユーザが検索することのできるフィールドを選択します。特定のフィールドは選択解除できません。

    注釈

    すべてを選択する ボタンと なしを選択する ボタンを使用して、一度にすべてのプロファイルフィールドを選択するか、選択をクリアします。

  3. あなたの変更を保持するには 保存 ボタンをクリックします。

10.7.1.9. 認証:BrowserID / Persona

new in Mahara 16.10 Persona 認証は2016年11月30日に中止されました。誰もその認証を使用できなくなりました。

Mahara 16.10にアップグレードすると、Persona認証が無効になり、もう一度認証を再度アクティブにすることはできません。Personaを使用するすべてのアカウントを内部認証に自動的に移行できます。

Migrate Persona accounts to internal authentication

Personaアカウントを内部認証に移行する

  1. インスティテューション: Persona認証を使用するインスティテューションがリストされています。

  2. アクティブなPersonaユーザの数:Personaを持つすべてのユーザのリスト。このリンクをクリックすると、ユーザ検索ページ に移動し、Personaを持つユーザだけが表示されます。

  3. Personaユーザの自動移行:Persona認証を使用しているすべてのユーザを内部認証に移行する場合は、 「Yes」 に切り替えます。そうしないと、ログインできなくなります。

    注釈

    インスティテューションに内部認証セットがない場合、ユーザを移動できるように作成されます。

    Personaをログイン情報として使用したことを知らせる必要があります。パスワードをリセットするには、アカウントの詳細が電子メールで送信されないようにします。 「ユーザ名とパスワードを忘れました」 画面 に移動して、ユーザ名とパスワードを取得するために、自分のPersonaアカウントの電子メールアドレスを入力する必要があります。

  4. 保存 ボタンをクリックして、ユーザを移行します。

10.7.1.10. 認証: SAML

サイトの任意の場所で SAML認証 を使用する場合は、サイトのメタデータと証明書に関するすべての必要な情報をここで見つけることができます。

注釈

new in Mahara 16.10 SAMLの設定 Mahara 16.10では変更されました。SimpleSAMLphpはMaharaに含まれている管理対象の依存関係であり、SAMLベースの認証方法のインストールを容易にします。

したがって、このページのオプションは完全に変更され、インスティテューションの SAML認証 を設定するときは、各SAML設定のメタデータを提供します。

いくつかの依存関係を手動でインストールする必要があるかもしれません。その場合は、画面の指示に従います。

Prepare your site for SAML authentication

あなたのサイトのSAML認証を準備する

  1. サービスプロバイダのエンティティID: これは、MaharaインスタンスをIDプロバイダに識別する一意のIDです(例えば、example.org/mahara)。インスタンスのwwwrootで自動的に埋められます。間違っている場合は、ここで変更することができます。
  2. メタデータ: メタデータリンクをクリックすると、アイデンティティプロバイダに提供する必要があるSAMLメタデータが表示されます。
  3. 公開鍵: 公開鍵は自動的に生成され、回転されます。
  4. あなたの変更を保持するには 保存 ボタンをクリックします。

10.7.1.11. 検索: Elasticsearch

標準のMaharaの検索は、ユーザを特定し、特定の場所でページやコレクションのタイトル、説明、タグを検索することに限定されています。ただし、Maharaを拡張して全文検索機能を使用することもできます。Maharaのコアプロジェクトチームは、Elasticsearch を使用することを選択しました。これは強力で拡張可能な全文検索エンジンです。Javaサーバ(例えば、Tomcat)の実行が必要で、Maharaの小さなインスタンスでは利用できない可能性があります。

注釈

現在、プラグインはPostgreSQLデータベースで運用されているMaharaインスタンスだけに使用することができます。Mahara 1.9のMySQL にもサポートを広げるために対応中です。

Configure the Elasticsearch plugin

Elasticsearchプラグインを設定する

  1. ほとんどのElasticsearchの設定はサーバレベルで実施する必要があります。ここであなたは設定を閲覧だけすることができます。また、直接設定を変更することはできません。
  2. Cronレコード制限: それぞれのcron実行でキューからElasticsearchサーバに渡される最大レコード数を決定します。空白フィールドまたは 0 は制限なしを意味します。
  3. アーティファクトタイプ: 検索インデックスに含めるアーティファクトタイプを確認します。下に定義された階層を持つアーティファクトタイプだけが有効です。変更を有効にするには、以下のキューのアーティファクトをリセットする必要があります。
  4. アーティファクトタイプ階層: それぞれのアーティファクトタイプの階層を | (パイプ) で区切って入力します。それぞれのアーティファクトを1行に入力します。
  5. アーティファクトタイプ階層: それぞれのアーティファクトタイプの階層を | (パイプ) で区切って入力します。それぞれのアーティファクトを1行に入力します。
  6. 検索インデックスをクリアしてレコードすべてを削除した後に再度キューに入れるには リセット ボタンをクリックします。
  7. あなたの変更を受け付けるには 保存 ボタンをクリックします。

参考

あなたは wiki上のMaharaのElasticsearch に関するより多くの情報を見つけることができます。また、開発を始めるためのいくつかの 開発者ノート もあります。

10.7.1.13. インタラクション: フォーラム

ポスト遅延設定は、ユーザがフォーラムの投稿を編集して郵送するまでの時間(分)を決定します。フォーラム投稿が郵送され、さらに編集が行われると、日付、時刻、編集者が投稿に記載されます。

Set the edit time before the forum post is finalised

フォーラム投稿が固定されるまでの時間を設定します。

  1. 投稿遅延: 投稿が確定してさらなる編集ができなくなるまでの時間 (分) を設定します。
  2. あなたの変更を保持するには 保存 ボタンをクリックします。

10.7.1.14. new in Mahara 16.10 モジュール: モバイルAPI

新しいMaharaアプリ 「Mahara モバイル」 を使用するためにモバイルAPIを有効にすることができます。

Configure the mobile API

モバイルAPIを設定する

  1. このメッセージでは、モバイルアプリAPIが有効かどうかを知ることができます。

  2. 設定項目: モバイルアプリAPIの設定項目のリスト。

  3. ステータス:どの設定項目を使用する準備ができていて、どの設定項目が使用できないかを表示します。

  4. モバイルアプリのAPIを自動設定しますか? すべての設定を自動的に行う場合は、 「Yes」 に切り替えます。

    注釈

    自動設定が完了すると、このオプションは表示されなくなります。手動でウェブサービスセクションを変更することで戻すことができます。

  5. 手動トークン生成: ユーザが最初のアプリケーショントークンを手動で作成できるようにする場合は、 「Yes」 に切り替えます。これは、認証方法がトークン生成をサポートしていない場合にだけ必要です。これは、例えばMNetの場合です。

  6. 保存 ボタンをクリックして変更を保存します。

10.7.2. HTMLフィルタ

管理 → 拡張機能 → HTMLフィルタ

Maharaは HTML Purifier を使用して、システムのセキュリティを脅かす可能性のある悪質なコードを排除します。コード、例えば、使用したい、それ以外の場合は除外されるiFramesまたはJavaScriptがある場合、それを回避するフィルタを作成する必要があります。フィルタは常にその目的に固有のものであり、可能な限りセキュリティを確保するために 『白紙委任』 を与えてはいけません。

Maharaにはすでに多数のフィルタがインストールされています。他のものはアップロードしてインストールすることができます。新しいHTMLフィルタセットを作成した場合は、そのファイルをフォルダ /htdocs/lib/htmlpurifiercustom に解凍してインストールし、インストール ボタンをクリックしてインストールできます。

YouTubeやWikiEducatorなどのメディアコンテンツの埋め込みを可能にするiFrameのカスタムフィルタを使用すると、実際の埋め込みコードを検索する代わりに、メディアが表示されているページのURLを取得できます。

注釈

<iframe>埋め込みコードを使用して埋め込むメディアには、必ずしも個別のフィルタが必要なわけではありません。元の埋め込みコードを使用したい場合は、許可されたiframeソース のリストに追加することができます。

代わりに (YouTubeビデオのように) URLをペーストできるようにしたい場合、 あなたはbespokeフィルタが必要です。

10.7.3. 許可済みiframeソース

管理 → 拡張機能設定 → iframeソースを許可する

この機能を使用すると、サイト管理者は、ユーザが埋め込むことができるメディアの基本URLを指定できます。これらのiframeは安全とみなされ、テキスト ブロックまたは ノート ブロック、外部メディア ブロック、または使用できる日誌エントリからは削除されません。これらのiframeソースを使用するための特注のフィルタを作成する必要はありません。

あなたは管理インタフェースでこれらのソースを簡単に追加および管理することができます。Maharaにはあなたがサンプルとして使用できる多くの埋め込みiframeソースが同梱されています。

Add and edit allowed iframe sources

許可されたiframeソースを追加および編集する

  1. 表示名: 外部メディアブロック 内でユーザに表示されるものを決定します。
  2. サイト: iframeコードのベースURLです。
  3. 既存のiframeソースまたはfaviconソースを編集するには、編集 ボタン
    をクリックします。
  4. 既存のiframeソースを削除するには、削除 ボタン をクリックします。
  5. 表示名: 編集 ボタン
    をクリックしした後、ここで既存のiframeソースの名前を変更します。
  6. アイコンホスト: 自動的に取得できない場合、サイトのファビコン (favicon) を探すためのベースURLを入力します。
  7. このサイトのあなたの変更を保持するには 保存 ボタンをクリックします。
  8. サイト: ここにベースURLを入力することにより、新しいiframeソースを追加します。忘れずに http:// を除外します。半角英数字および . / - _ だけ許可されます。
  9. 表示名: あなたのiframeソースの表示名を選択します。通常、これは外部コンテンツを保持しているサイト名です。
  10. あなたの新しいサイトを許可されたiframeソース一覧に追加するには 追加 ボタンをクリックします。ファビコンが表示されない場合、あなたのサイトを編集してステップ6でアイコンホストを指定します。

注釈

いくつかのサイトには、様々なURL(例えば、GoogleApps、Glogster)経由で到達できます。iframeが確実に表示されるよう、すべての可能なベースURLを提供する必要があります。あるプロバイダの個々のサイトに同じ名前を付けると、外部メディアブロック内のiframeソースの一覧に1回だけ表示され、スペースが不必要に混乱することはありません。

参考

コミュニティメンバーは、サイトで使用しているiframeソースを収集して、iframeを動作させるために提供する必要のあるURLを共有し始めました。あなたは wiki上のリストをチェックアウトする ことができますし、独自のiframeソースもそこに追加することができます。

10.7.4. クリーンURL

管理 → 拡張機能 → クリーンURLs

あなたのサイトが人間が解読可能なURLを ユーザプロファイルグループ および (グループ) ポートフォリオページ に使用するよう設定することができます。例えば、次のようになります:

あなたはこのオプションでさらに記憶しやすいURLを作成することができます。

参考

サイト上でこの機能を有効にするには、wikiの設定手順に従って ください。これを行うには、サーバにアクセスする必要があります。

管理者エリアにおいて、あなたは既存のユーザ、グループおよびページのクリーンURLを生成することができます。これはあなたがMaharaの前のバージョンからアップグレードしてカスタムURLすべてをリセットしたい場合に便利です。

Regenerate clean URLs for existing users in bulk

既存ユーザのクリーンURLを一括再生成する

  1. クリーンURLを再生成するには 送信 ボタンをクリックします。既存のクリーンURLが破棄されることに留意します。
  2. 操作結果が画面最上部に表示されます。

警告

ここからすべてのユーザのクリーンURLを生成すると、すでにURLを変更したユーザは変更が失われ、リンクが切断されます。この機能は、Maharaサイトをアップグレードする場合や、クリーンなURL生成で問題が発生した場合にだけ使用することをお勧めします。

10.7.5. スマートエビデンス

スマートエビデンスについては、それに関する 別のセクション を参照してください。

10.7.6. ウェブサービス

ウェブサービスについては、別のセクション を参照してください。