1. Mahara 18.04で何が新しいですか?

Maharaはバージョンごとに改善されています。このページであなたは Mahara の最新のリリースのための ハイライト を確認できます。

あなたは Launchpad で、すべての新しい機能を確認できます。あるいは, new in Mahara 18.04 「Mahara 18.04 で新しい」 インデックスエントリ 経由でユーザ重視の機能をチェックできます。

1.1. GDPRへの準拠

2018年5月25日に発効した新しいEUプライバシー規制である GDPR (一般データ保護規制)に準拠したインスティテューションを支援する多くの新機能があります。EU住民の個人的なプライバシーを守ることがより厳しくなります。

Mahara 18.04では次の拡張が行われました:

  1. 誰もがサイトの利用条件とプライバシー保護方針に同意する必要があります:これは 厳密なプライバシーモード です。

  2. インスティテューションがサイト使用時に同意する必要がある追加の利用条件またはプライバシー規定がある場合は、インスティテューションレベルで対処することができ、メンバーは同意する必要があります。

  3. 法的声明(契約条件およびプライバシー声明)に変更が加えられるときはいつでも、影響を受けるすべての人は、次回にサイトにログインするときに変更された声明に同意する必要があります。

  4. 人々は 法的声明 への同意を取り消ことができます。その結果、サイトまたはインスティテューションの管理者にさらに通信するように通知されます。また、アカウントは自動的に停止されます。

  5. 法的声明の履歴は、サイトレベルインスティテューションレベル に保管され、誰が変更を行ったのかを追跡します。

  6. 誰でも 自分のアカウントを削除する ことができます(人が自己登録して内部認証を受けている場合にだけみ可能です)。

  7. レポート は、人々がどの法的声明に同意したかを詳述しています。

  8. 削除されたユーザの名前と電子メールアドレスはシステムに保存されずに置き換えられます。

詳細については、プライバシーセクション を参照してください。

1.2. パスワードポリシー

パスワードポリシーは、ユーザが自分のアカウントの強力なパスワードを選択するのを支援することを目的としています。それはパスワード強度インジケータが付属しており、どのくらいの時間パスワードを最低限必要とし、どんな種類の文字が必要かを述べています。

Password policy in action with strength indicator

強度指標付きのパスワードポリシー

1.3. Leap2A形式のポートフォリオをコピーする

ポートフォリオがコピー可能 でパブリックされているか、秘密のURLを介して入手可能なとき、ビューアはLeap2A形式でダウンロードすることができ、ポートフォリオを自分のMaharaインスタンスにアップロードすることができます。

この機能は、Maharaのあるインスタンスから別のインスタンスへのテンプレートのコピーに役立ちます。

1.4. ファイルをオブジェクトストレージに委託する

メディアファイルを含むポートフォリオは、非常に迅速に大きくなる可能性があります。サイトのユーザ数が多い場合は、ストレージ要件がかなり増加する可能性があります。オブジェクトストレージをクラウド化するためにファイルのアウトソーシングを可能にするプラグインが利用可能です。Mahara 18.04は、これらのプラグインの使用を可能にするインフラストラクチャを提供します。

オブジェクトストレージは、生成されたイメージサムネイルをすべてアウトソースするのではなく、すべてのオリジナルをアウトソースします。プラグインは現在AWS S3とMicrosoft Azure Blob Storageで利用可能です。クラウドプロバイダによっては、二つのプラグインが必要です:

1.7. イメージを回転する

モバイルデバイスから直接イメージをアップロードすると、向きが正しくない可能性があり、横向きのイメージがポートレートモードで表示されることがあります。その場でMaharaの イメージを回転する ことで、向きを修正することができます。

Rotate an image

イメージを回転する

1.9. インスティテューションをグループに関連付ける

グループを作成すると、自動的にメンバーであるインスティテューションに関連付けられます。複数のインスティテューションに所属している場合は、関連するインスティテューションを選択することができます。これにより、特に複数のテナント化されたMaharaインスタンスにおけるグループの管理が容易になります。

Associate an institution with a group

インスティテューションをグループに関連付ける

1.10. どの評価ステータスをスマートエビデンスに表示するかを決定する

スマートエビデンスフレームワークごとに表示する評価ステータスを決定することができます。設定は 管理エリア で行い、好きなときにいつでも変更することができます。

Set the statuses to display for each SmartEvidence framework

スマートエビデンスフレームワークごとに表示するステータスを設定する

選択した各ステータスが、関連付けられている項目の数とともに表示されます。

Display the assessment statuses in SmartEvidence

評価ステータスをスマートエビデンスに表示する

1.11. 自動SAMLメタデータの更新

SAMLメタデータは、それが安全であることを保証するために時々変更されることがあります。これまでは、変更が発生したときに手動でメタデータを変更する必要がありました。しかし、IdPがいつ変化したかを知ることは困難でした。更新URL が提供されたとき、メタデータは自動的にリフレッシュされます。その後、cronジョブは更新をチェックし、更新を登録するとメタデータを置き換えてユーザが引き続きログインできるようにします。

1.12. 現代的日付ピッカー

Maharaの日付と時刻を選択するためのカレンダーウィジェットは、現代的な代替手段に切り替えられました。カレンダーを使用せずに日付と時刻の両方を選択することも、日付と時刻をテキストフィールドに入力することもできます。

New calendar widget for picking dates and times

日付と時刻を選択するための新しいカレンダーウィジェット

1.13. 特定のタスクを高速化する

Maharaではバックエンドに変更を導入することで、特定のタスクが高速化されます。これらは、より大きなサイトにとって特に重要です。それらの中には次のものがあります:

  • CLI を使用してElasticsearchを実行しているインデックスサイト。

  • Memcached(外部プラグインとして使用)とRedisを介し セッションストレージ をサポート

1.14. もうフラッシュはない

最後のFlashベースのコンポーネントは、HTML5を使用するために置き換えられました: 秘密URL用のコピーボタン。現在、このコピー機能は、デバイスにインストールされているFlashに依存しません。

1.15. 内部通知の有効期限

サイト管理者は、特定の通知が自動的に期限切れになり 、ユーザの受信箱から削除される日数を決定できます。これらの通知は次のとおりです:

  • ページアクセス通知

  • ウォッチリスト通知

  • インスティテューションのメッセージ